女性起業家に支援金200万円進呈


外国人向け賃貸仲介会社がグランプリ

外国人向けに賃貸仲介事業を手掛ける FREA(フレア:東京都千代田区)は7日、一般社団法人日本企業アイディア実現プロジェクト(東京都新宿区)が主催する『第3回女性起業チャレンジ制度』でグランプリを受賞した。

同プロジェクトは、これから起業する女性や、既に起業をし、新しいアイデアで営利事業を拡大しようとしている女性経営者に支援金を支給するもの。起業のアイデアが優れているか、事業計画内容は実現の可能性が高いかなどが判断基準となる。7月15日に表彰を行い、グランプリの支援金としてフレアに200万円を支給する。

フレアが応募した内容は、同社が主に行っている外国人入居者の賃貸仲介事業に加え、家具付き賃貸を希望する傾向の高い外国人に家具なしの賃貸を仲介する際に、希望の家具・家電を併せて提供するリーシングサービスだ。家具付き賃貸が少ないことや、既存の家具リース会社が外国人を避けるケースがあることなどから実際にサービスを開始した。

日本企業アイディア実現プロジェクトの斉藤誠事務局長は「ターゲットが家賃15万~30万円の賃貸を希望する外国人に絞られていたことや、仲介実績を出しながら、リーシングという最もユニークなサービスが加わっていたことがグランプリ選出の決め手になった」と話した。

山川奈々社長は「今回の受賞を励みにさらなるサービスの向上に努めたい」と話した。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)