???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 安井建築設計事務所/佐野吉彦社長が就任20周年/BIM導入が成果の一つ | はいよ Hi-Yo!

安井建築設計事務所/佐野吉彦社長が就任20周年/BIM導入が成果の一つ

 ◇さらなる経営改革推進
 安井建築設計事務所の佐野吉彦社長が、今年5月で社長在任20年を迎えた。優れたデザインと確かな技術力で顧客からの信頼を築くとともに、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の導入やファシリティーマネジメント会社の設立など、時代の先を見据えた施策を次々と打ち出し、強力に経営改革を進めてきた。佐野氏にこれまでの歩みを振り返ってもらった。
 佐野氏は1997年5月に42歳で社長に就任した。「バブル崩壊後だったが、時代はそんなに悪くはなかった。ただそうはうまくいかない。景気の波は何度もあった。2008年のリーマンショックもその一つ。そうした波の中でやってきた」と振り返る。
 就任当初は、父で先代の正一氏の影響力が強かった。「先代の仕事を受け継ぎ、そこを乗り越えるには工夫が必要だった。どう精神を継承し、時代に合わせた経営転換をどう進めるか。チューンアップには5年ぐらいかかった感じだ。経営環境はリーマンショックのころが一番厳しかったが、そのころには私なりのハンドリングの仕方が分かってきた。経営の承継はどの事務所にとっても重大事だが、力量を問われた良い機会だったと思う」。
 社長就任後の成果の一つに2007年のBIM導入を挙げる。「導入時からぶれずに考えていたのは、BIMはプロジェクトをマネジメントする力になるということだ。単なる製図技術ではない。顧客と設計者をつなぐ力になる」との考えを貫く。
 20年の節目を機に、「大規模プロジェクトにも、ある種の独自性を持って取り組んでいきたい」と意欲を見せる。新基軸の一つとして、海外事業を位置付ける。台湾やベトナムに新たな拠点を開設しており、「グローバルの中で確実に実績を重ねていくことが第一だ」と力を込める。
 もう一つの柱に、コンサルティングやファシリティーマネジメント分野の強化を掲げる。「まだ道半ば。安井ファシリティーズも本来なら、もっと早く成果を出していかないといけない」という。
 「新しい仕事のチャンスを広げることもあるし、これまで信頼してもらっている顧客を深掘りし、サービスを提供していく。つないできた顧客との絆をより強めていきたい」と語る。
 20年間のかじ取りで自身に与えた点数は100点満点中71点。「足りない29点のうち、10点は自分の伸びしろだ。残りはこれから打つ手が成功するかどうかにかかっている」と話す。
 「これまで続けてこられたのは、決して打たれ強い方ではないが、ポジティブで楽観主義だったからだ。建築はものをつくって、相手を喜ばせる仕事。ネガティブな気持ちだと良いものはつくれない。楽観的であることと建築をつくることは一緒だ」と強調する。「そして何より良いスタッフに恵まれた」とも。
 「20年はあっという間。少なくとも退屈はしない。10年前にご縁が生まれた人から10年目になってようやく仕事が来るような、ロングスパンでの仕事の機会もある。事務所の経営だけでなく、国際建築家連合(UIA)の東京大会(2011年)の運営も刺激的な経験だった」。
 7年後の2024年には創業100周年を迎える。「経営改革をさらに加速させていきたい」。

(日刊建設工業新聞様より引用)