???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 宮城県、女川町/出島架橋事業が始動/町道新設改良の着工式開く | はいよ Hi-Yo!

宮城県、女川町/出島架橋事業が始動/町道新設改良の着工式開く

 宮城県本土と離島の女川町出島(いずしま)を結ぶ東北で2例目の離島架橋「出島架橋」の事業が本格的に動き出した。架橋事業の一環として整備する女川出島線道路新設改良工事(1期工事、施工延長891メートル)の着工式・安全祈願祭が22日に開かれ、本土側に設ける接続道路の工事が始動。離島架橋事業の口火を切った。橋の本体工事は来年度第2四半期に県が発注する。事業費93億円を投じ、22年度までに完成させる計画だ。
 出島架橋は、現在、本体工事が佳境を迎えている大島架橋(気仙沼市)に続き、東北では2カ所目の離島架橋事業となる。
 橋梁の本体工事は宮城県、接続道路の整備は女川町がそれぞれ担当する。県は本体工事を17年度第2四半期に発注する方針。工期は61カ月を見込んでいる。
 県土木部が公表した来年度の工事発注予定によると、工事内容は橋梁上部工(延長352メートル)と橋梁下部工4基で、予定価格は40億~60億円を想定している。総事業費93億円の過半を橋梁本体工事に充てると見られる。
 同架橋事業は、当初は宮城県の事業による整備を求めてきた経緯があるが、国の交付金を活用し、町が事業主体となり進めることになった。15年度政府予算で社会資本整備総合交付金の一般枠として採択された。
 橋梁の関連道路の整備は女川町が事業主体となる。技術的に難易度の高い橋本体の設計や工事の発注手続きなどは県が代行する。
 出島架橋には「鋼中路式アーチ橋」が採用された。これは、建設中の大島架橋と同じ形式となる。
 橋梁整備に伴う概略ルートの検討と橋梁本体の基本・詳細設計は大日本コンサルタントが担当した。
 女川出島線出島架橋調査設計業務は中央復建コンサルタンツが手掛けた。
 22日に予定地で開かれた式典は、町が主催する着工式と、道路新設改良工事を担当するピーエス三菱・佐藤工業JVが主催する安全祈願祭の2部構成。須田善明町長や施工関係者、地域住民らが参加し、離島架橋事業の着手を祝った。
 女川出島線(1期工事)は19年3月の完成を目指している。
 宮城県内では塩釜市でも本土と離島の浦戸諸島(桂島、野々島、朴島、寒風沢島)を結ぶ架橋事業の実現を模索する動きがある。
 橋の建設により人の行き来を促し、人口流出と過疎化を抑止する観点から、島に暮らす住民から橋梁整備を望む声が多く上がっている。

(日刊建設工業新聞様より引用)