就業体験付きシェアハウスを開設

シングルマザーなどの移住を促進


北海道上砂川町は、2017年1月をめどに、旧児童館を改修してシェアハウスとしてオープンする。
移住促進が狙い。
同町の人口は現在約3300人。
年間100人ほど減少しており、歯止めをかけたい考えだ。

移住につなげるためには、働く場を提供する必要があるとの考えから、地元の民間企業の協力を得て就業体験もセットにする予定だ。
同町には女性社員が9割を占める医療用ガラス製品メーカーのマイクログラス社があることから、主に母子家庭をターゲットに据える。
体験先は、今後企業側と話し合っていく。

利用する児童館は、現在閉鎖中の旧下鶉児童館で、築33年、216㎡の平屋。
改修して定員5名の個室を3戸設け、賃料は3万円以下とする予定だ。
運営は上砂川振興公社、障害者福祉施設エルムの里などで設立する団体で行う。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)