山口県下関市/6月補正予算案/海響館リニューアルのPFI導入調査費計上

 山口県下関市は、3億98百万円の本年度6月補正予算案をまとめた。骨格予算として編成した当初予算に肉付けしたもので、海響館リニューアルPFI導入可能性調査、体育施設のあり方調査検討業務などの政策的な新規事業や施設整備事業などを中心に計上した。
 政策的な新規事業では、移転に向けた調査・検討を行う川中支所移転調査検討業務に10万円、海響館のリニューアル整備PFI導入可能性調査業務に400万円、火の山展望台に運営型PFIを導入するためのアドバイザリー、業者選定経費に1600万円(別途、18年度債務負担行為400万円)、体育施設のあり方調査検討業務は300万円で、体育館と類似体育施設の現況調査や必要量、役割などを検討する。
 下関駅周辺地区市営住宅等団地再生可能性調査にも800万円を計上。老朽化した市営住宅等の更新・集約の可能性を調査検討する。白雲台団地等の再生に向けたPFI導入可能性調査にも2000万円を確保する。

(日刊建設工業新聞様より引用)