???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 工学院大学、フジタら/企業の課題取り上げ卒論執筆/建築学部でプログラム始動 | はいよ Hi-Yo!

工学院大学、フジタら/企業の課題取り上げ卒論執筆/建築学部でプログラム始動

 工学院大学(佐藤光史学長)とフジタ、セブン&アイホールディングス傘下のデベロッパーのモール・エスシー開発(東京都千代田区、近藤悦啓社長)は、企業が出す課題に学生が卒業(修士)論文として取り組む「ISDCプログラム」を16年度にスタートさせた。初弾の対象は建築学部。参加企業から提案された課題を、学生が支援金を活用して論文や設計提案にまとめる。企業は、学生の研究を通して自社の課題解決につなげるという産学連携の取り組みとなる。
 ISDCプログラムは、工学院大が16年度に設置した学内制度。フジタとモール・エスシー開発は協力企業として参画している。参加企業が課題を設定し、建築学部と共同で具体的なテーマを協議、決定する。その後、プログラムに参加する学生が選定され、研究活動に臨む。企業からは支援金が支給され、専門書や模型材料の購入、調査費用などに充てることができ、研究に伴う経済的負担を軽減できる。企業の役員や現場リーダーとの意見交換、職場見学なども行う。
 研究成果は、参加企業の経営陣などが出席する発表会でプレゼンテーションし、評価を受けることになる。学生には、プログラム独自の修了証が授与されるほか、各社の社長賞といった表彰も行われる。
 16年度は建築学部の学生11人が選定され、17年2月の発表会に向けて課題研究に取り組んでいる。フジタが提示した課題は▽タイル付きコンクリート外壁の環境負荷低減型解体方法の研究▽地方都市における広場の日常的利用に関する研究▽近代産業都市の密集住宅地における建築および街区の継承と更新に関する研究-など。
 プログラムについては、工学院大とモール・エスシー開発の2者で15年度に試験的に実施。16年度からフジタが新たに参画し、ISDCプログラムとして正式に展開することになった。
 3者は21日、都内でISDCプログラムの説明を行った。フジタの奥村洋治社長は「学生ならではの斬新な視点による課題解決を期待している。17年度以降も継続的に取り組んでいく」と述べた。佐藤学長は「本学と学生、参加企業すべてにとってメリットのあるプログラムだ。今後は参加企業を拡充し、他学部にも活動を広げていきたい」と展望を話した。

(日刊建設工業新聞様より引用)