広島県尾道市/千光寺公園頂上エリアリニューアル設計/石上純也事務所に

 広島県尾道市は、「千光寺公園頂上エリアリニューアル基本・実施設計」の委託先を選ぶ公募型プロポーザルで最優秀提案者に石上純也建築設計事務所を選定した。今後、協議を進め年内の契約締結を目指す。次点は小泉アトリエ・ランズ計画研究所JVだった。
 プロポーザルには11者が参加表明。1次審査で5者を選定し▽尾道市の景観に調和したシンボル空間の形成▽利便性や快適性の向上▽移動回遊のバリアフリー化への対応▽工事期間中の安全計画と利用形態とコスト削減の配慮-を特定テーマに企画提案を求めた。
 最優秀案は、「坂の町」尾道の風景に調和した建築を目指し、風景の連続としてすべての場所が展望台となるようなランドスケープ的な展望台を提案している。敷地全体に階段状に広げた展望台は、景色を眺めるだけでなく、散歩や読書など多様なアクティビティーを誘発する。屋根下空間にはレストランエリアや眺望テラスエリアなどを設ける。
 このほか、▽地震力を接地部分に負担させ、柱を細くし鉄骨量を軽減▽柱間のスパンを縮め屋根スラブを薄くし、コンクリート量を軽減▽柱を上部ピンで設計し、構造の単純化を図り施工コストを軽減▽屋根を鉄骨造と変更することで軽量化し、全体的に鉄骨量を軽減可能-などコスト削減案も示した。

(日刊建設工業新聞様より引用)