???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 廃炉への道程-福島第1原発の6年・2/発注案件の9割が随契 | はいよ Hi-Yo!

廃炉への道程-福島第1原発の6年・2/発注案件の9割が随契

 ◇円滑受注へ中長期の事業明示

 「この6年で汚染水対策が大きく前進し、炉心溶融(メルトダウン)で溶け落ちた燃料(デブリ)の冷却と汚染水の処理が安定的に行える状況になってきた」

 東京電力の関係者は、廃炉に向けた作業を進める上での建設関連各社の役割の大きさを再認識したという。屋外の一連の作業にめどが付きつつあることから、今後は原子炉建屋の内部調査や、1~3号機の使用済み燃料の取り出し作業などに本格的に取り掛かることになる。

 1号機の原子炉建屋は震災直後の爆発で最上階の壁がすべて抜け、天井も崩落した。放射性物質の飛散を防ぐカバー(壁パネル)を取り付けたが、使用済み燃料の取り出しのために昨年11月までにすべてのパネルを取り外した。

 2号機の建屋は爆発せず、構造的には健全だが、使用済み燃料取り出しに向けて最上階の壁・天井を解体し、新たな覆いを付ける。重機が近づいて作業ができるように足場(構台)の構築を進めている。1、2号機とも20年度内に使用済み燃料の取り出しを開始する。

 建屋が爆発した3号機は、がれき撤去や除染、線量低減のための遮へい体の設置が昨年末までに完了。燃料移送容器をプール脇に保持するための支持架台も設置された。今年に入り、燃料取り出し用カバーの設置に向けた関連工事も始まっている。取り出し作業には18年度中ごろに着手する見通しだ。

 14年12月に使用済み燃料の移送作業が完了した4号機の実績もあり、「作業が始まれば大きな問題なく、時間もそれほど長くかからないだろう」(東電関係者)とみる。

 最上階に大量のがれきが残る1号機では、がれきに付着した放射性物質を飛散させずに撤去することが当面の課題になる。がれきをやみくもに動かすと裏側に隠れていた放射性物質が飛散する恐れがあり、がれきの積み重なり方などを調査した上で撤去の手順を決める。遠隔操作の重機による撤去作業の準備も進んでいる。

 福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏プレジデントは「地域の方々に放射性物質の飛散などで心配を掛けることがないよう、引き続き細心の注意を払って作業を進める」と気を引き締める。

 東電は事故発生後、さまざまな業務・工事を発注してきた。仕事を確実に受けてもらうため、「中長期的に出てくる事業の内容・規模など関連情報を可能な限り前倒しで明示し、受け手の企業側に特命のような形で発注してきた」(東電関係者)。現在、福島第1原発関連の発注案件の約9割が随意契約という。

 放射線量の高い作業環境下の仕事を特定の業者が請け負い続けると、被爆限度の点から作業員の確保が難しくなる。高線量下の仕事と線量のあまり高くない仕事を抱き合わせで出すような工夫もしている。

 東電側は、物理的な作業環境の整備に加え、長期にわたって労務などの調達を安定して行えるよう受注者への配慮も重視している。未知の部分が多い廃炉事業を進める上では、協力企業がより計画的な要員配置や人材育成が行える受注環境を整えることが不可欠になっている。

(様より引用)