???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 廃炉への道程-福島第1原発の6年・5(おわり)/継続的な人員確保不可欠 | はいよ Hi-Yo!

廃炉への道程-福島第1原発の6年・5(おわり)/継続的な人員確保不可欠

 ◇「安全」が一番のミッション

 「この1年でさまざまな進ちょくがあり、汚染水の問題では凍土壁の効果がかなり出てきた。1~3号機の使用済み燃料の取り出しに向けた作業も進み、燃料デブリへのアタックのための調査も始まっている。皆さんの頑張りと、協力企業の方々の努力のおかげであり、感謝を申し上げたい」

 震災発生から6年を迎えた11日、東京電力ホールディングスの廣瀬直己社長は福島第1原子力発電所内で行った社員への訓示で、建設会社を含む協力企業への感謝の言葉を述べた。

 現在、原子炉建屋など建設関連工事に携わる元請の建設関連企業はゼネコンや地元の建設会社など約20社。現地には元請企業を中心とする安全推進協議会が設置され、情報共有や安全パトロールなどで関係者間の連携強化を図っている。

 東電関係者は「事故後の福島第1原発の現場は日々状況が変わり、作業の進め方もその都度作り込む必要がある。パトロールなどを通じて現場の最前線で変化をキャッチし、作業方法や現場環境の改善を繰り返してきた」と振り返る。

 原発構内の作業者は放射線業務従事者の登録を行う必要があり、福島第1原発の登録者数は現在約1万人。実際に構内で働いている人は1日約6000人に上る。これまで最盛期には約7000人が構内で作業に当たっており、これから原子炉建屋の関連工事が本格化すれば、作業員の数はさらに増える見通しだ。

 2020年東京五輪開催前の数年は競技施設などの工事が集中し、人員確保が難しくなるとの危惧もあるが、「関係各社の協力を得て作業体制は十分に確保できている」(東電関係者)という。一方で、ゼネコンの現場担当者は「今は余裕があるが、年末から来年にかけて労務の確保は厳しくなるだろう」とみる。

 30~40年を要するとされる廃炉事業に関わるゼネコンの中には、若手技術者をローテーションで福島第1原発の現場に派遣し、戦略的に経験を積ませる取り組みを進めているところもある。

 大型重機を使う作業が増えるこれからは事故の発生リスクも増大する。廃炉に向けた個々の作業については目標工程を作成するが、作業はすべて工程ありきではなく、安全最優先で進められる。

 東電関係者は「作業工程が遅れるとマイナスの見方で報道されることが多いが、安全をないがしろにはできない。人身・設備災害を起こさず、周辺環境に影響を与えないことを大前提に作業を進めることが一番のミッションだ」と強調する。

 廣瀬社長は11日の社員訓示の中で「事故収束に向けてこの地で働く皆さんがどういう思いで廃炉事業に取り組んでいるのかを、これまで以上に発信していく必要がある」と指摘。「経験・知見をさらに積み重ね、一日でも早く地域の皆さんにふるさとに戻ってきてもらえるよう、力を合わせて頑張っていく」と決意も表明した。

 事故から7年目。あるゼネコンの担当者は「作業員もやりがいを持って仕事に当たり、現場の士気は高い」と話す。廃炉事業で原子炉建屋内の作業が本格化する中、建設各社にもこれまで以上の支援・協力が求められている。

 (編集部・遠藤奨吾、田村彰浩、堀井厚志)

(様より引用)