???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 建専連/社保加入、「社員」ほぼ100%に/標準見積書活用も年々拡大 | はいよ Hi-Yo!

建専連/社保加入、「社員」ほぼ100%に/標準見積書活用も年々拡大

 ◇標準見積書活用は年々拡大 
 建設産業専門団体連合会(建専連、才賀清二郎会長)は、会員団体を通じて実施した専門工事会社の社会保険加入状況に関するアンケートの結果(16年度分)をまとめた。調査は12年度に開始し、今回が5回目。3保険(健康保険、年金保険、雇用保険)の加入率は、着実に上昇。加入原資となる法定福利費を内訳明示した標準見積書の提出割合は、この項目を調べ始めた14年度の3倍と年々活用が広がっていることが分かった。
 調査では、会員団体の加盟会社にアンケート票を配布、回収した。有効回答数は1335件。
 各保険への「社員」の加入率は、健康保険が97・8%、年金保険が96・4%、雇用保険が92・4%といずれも9割台の高率になった。高齢者の適用除外などを考慮すると、ほぼ100%に近い水準という。
 一方、季節工、一人親方、専属班などで賃金台帳に掲載されている人が対象の「社員以外」は、健康保険が88・7%、年金保険が81・0%と8割を超えているものの、雇用保険は47・2%と社員と比べてかなり低かった。調査を始めた12年度に比べると、いずれも顕著な伸びを示しており、年金保険は40ポイント近く上昇した。
 雇用保険の加入率が他と比べて著しく低い背景には、適用除外となる一人親方と高齢者の存在があるとみられるが、12年度から20ポイント近く上昇していることを考慮すれば、「一人親方問題についても改善の傾向が読み取れる」(調査委員長の蟹澤宏剛芝浦工大教授)としている。
 標準見積書の活用状況については、「提出した」との回答が14年度24・1%、15年度53・2%、16年度74・7%と年々上昇。標準見積書を提出した上で、法定福利費が「全額支払われた」とする回答は、公共工事で80・8%、民間工事でも73・3%と高かった。「減額して支払われた」との回答も含めると、官民とも法定福利費が9割以上支払われていることになる。この結果について蟹澤教授は「法定福利費確保のための唯一無二といってよい標準見積書の活用を浸透させていくことが重要な課題であることは確実だ」としている。
 建専連は、企業単位で許可業者100%、労働者単位で製造業並みの9割を目指す社会保険加入目標時期が到来した17年度も継続して同様の調査を行い、官民挙げた対策の効果を確認していくことにしている。
 《3保険への加入率推移、〈1〉は12年度、〈2〉は16年度》
 健康保険(協会けんぽ、国民健康保険等)
 △全体=〈1〉85.3%〈2〉96.6%
 △社員=〈1〉90.4%〈2〉97.8%
 △社員以外=〈1〉50.4%〈2〉88.7%
 年金保険(厚生年金、国民年金)
 △全体=〈1〉89.1%〈2〉94.3%
 △社員=〈1〉96.0%〈2〉96.4%
 △社員以外=〈1〉41.7%〈2〉81.0%
 雇用保険
 △全体=〈1〉79.4%〈2〉85.8%
 △社員=〈1〉86.6%〈2〉92.4%
 △社員以外=〈1〉29.9%〈2〉47.2%

(日刊建設工業新聞様より引用)