???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 建研、西武建設ら/中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も | はいよ Hi-Yo!

建研、西武建設ら/中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

 建築研究所は22日、芝浦工業大学、西武建設、日本ツーバイフォー建築協会と共同で進めている中高層建築物の外壁などの点検・維持管理をドローン(小型無人機)で行う手法の検証実験を公開した。点検に加え、劣化した壁面にタンクやノズルを取り付けたドローンで含浸材や塗料を吹き付けることを想定した模擬実験も行った。
 共同研究は17、18年度の2カ年計画。公開実験には、建研とツーバイフォー建築協会が茨城県つくば市の建研敷地内に整備した国内最高層の純木造6階建て枠組み壁工法実験棟を用いた。標準的な点検方法である高所作業車からの点検、地上からの写真を使用した点検との違いを比較する形で進めた。
 高所作業車を使う点検は、打音や触手など目視では分からない劣化を見つけられるなどの長所がある一方、設備にコストがかかり、墜落災害のリスクも伴う。地上の高精度カメラで撮影した画像を用いる点検は時間がかからず、事故の危険もない半面、劣化部の見落としの可能性があるのに加え、屋根やひさしなど死角となる箇所の点検ができないといったデメリットがある。
 カメラを3次元的に動かすことであらゆる角度の撮影が可能なドローンを用いた点検は、建物上から下方向にジグザクな軌道を描きながら飛行。毎秒1枚のペースで撮影した画像を解析し、劣化状況を把握する。
 共同研究では、こうした実験を繰り返しながら、従来手法と時間やコストを比較検証。実施手順や撮影方法などの最適な点検手法の確立を目指す。
 ドローンを使った吹き付け塗装は、建物劣化による維持管理コストの増大と少子高齢化に伴う技術者・技能者の減少を見据えて開発。足場設置による高所作業がなく、コストダウンや安全性向上が見込める。西武建設が改良したドローンは、外壁との距離が吹き付け作業に最適な場所まで近づくとセンサーの色が変化するなどの工夫が施してある。
 公開実験では模擬的に水を吹き付けた。今後、課題とされる吹き付けむらの解消など施工精度向上を目指した研究をさらに進める。

(日刊建設工業新聞様より引用)