?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 建設キャリアアップシステムを語る・2/日本建設業連合会・村田誉之氏 | はいよ Hi-Yo!

建設キャリアアップシステムを語る・2/日本建設業連合会・村田誉之氏

--建設キャリアアップシステムの導入効果をどうみている。

 「建設技能者の経験とスキルに応じた適切な処遇を促すのが一義的な目的だ。『技能者のためのシステム』という認識を建設関係者が共有することで普及が進むと考えている。現場が竣工しても、所属する企業を変えても技能者がそれぞれの現場で培った経験や技量が記録として残る。そのメリットは非常に大きい。協力会社のためにもなる」

 「優れた技能者を雇用している協力会社の競争力が高まり、若い担い手を確保する時に企業の魅力としてアピールできる。ゼネコンにとっては、応援に来る技能者を含めた協力会社のパワーが分かり、仕事を安心して任せられるかどうかを判断する際のツールになる。建設需要には地域差があり、全国的な繁閑の調整にも役立つだろう」

 --システムの稼働にどう関与する。

 「日本建設業連合会(日建連)は、15年6月に建設キャリアアップシステム推進本部(旧就労履歴管理システム推進本部)を設置し、具体的な対応を開始した。必要性に対する理解は会員企業で一致している。建設業振興基金が運営主体になることが決まって以降、全会員の同意を得て、開発費として5億円の拠出を決めた。ノウハウを持ち寄ろうと振興基金の運営準備室に日建連本部と会員企業から人員も派遣している」

 「今年2月には普及に向けた『対処方針』を決め、協力会社の建設技能者の登録と現場での積極的な活用を会員企業に要請している。大成建設の現場では1日に約3万人に働いてもらっている。協力会社組織の倉友会を通じ、協力会社と技能者それぞれのメリットを記載した資料を配った。協力会社や技能者一人一人への働き掛けが重要であり、周知を急ぐ。モデル現場を設置するなどして普及に弾みをつけたい。日建連の会員企業でも同じような取り組みが進むだろう」

 --技能者の情報登録が大手ゼネコンによる技能者の囲い込みにつながると不安視する意見もある。

 「ゼネコンよりも協力会社への影響の方が大きいだろう。協力会社は技量の優れた技能者を雇用し、技能者はさらに意欲的に上を目指していく。条件の良い会社を求める技能者の流動性が高まる。生産年齢人口が減少するのだから、売り手市場になる可能性がある。処遇の良い企業に移るのは労働者として当然の姿で、結果として産業の進化が促される。情報をオープンにするデメリットは小さい。『誰のためのシステムなのか』が問われている」

 --経営姿勢や働き方が変わる可能性もある。

 「技能者が苦しまないよう元請・下請業者とも、同じルールの下で適正に競争するのが大前提であり、産業の進化には一定の競争が必要だ。そこが欠けると建設業の発展は難しい。建設現場は協力会社と技能者がいないと成り立たない。導入当初は戸惑いが出るかもしれないが、システムはみんなのためになる。私は建設技能者を敬意を込めて『建設職人』と呼んでいる。その技能と経験をリスペクトするシステムの準備を加速させたい」。

 (建設キャリアアップシステム推進本部長〈大成建設社長〉)

(様より引用)