???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 建設職人社会振興議員連盟事務局長・櫻田義孝氏に聞く/誇り持てる明るい職業に | はいよ Hi-Yo!

建設職人社会振興議員連盟事務局長・櫻田義孝氏に聞く/誇り持てる明るい職業に

 ◇「職人安全法」まずは趣旨を徹底
 自民、公明両党の国会議員でつくる日本建設職人社会振興議員連盟(会長・二階俊博自民党幹事長)で事務局長を務め、9日に成立した「建設工事従事者安全健康確保推進法」(職人安全法)の制定を主導した自民党の櫻田義孝衆院議員が日刊建設工業新聞のインタビューに応じ、新法に込めた思いや今後の運用方法などについて語った。櫻田氏は職人の後継者不足を憂慮。新法を生かして「建設職人を憧れの職業にしたい」と述べた。
 --新法にどのような思いを込めたのか。
 「建設業で働く人たちの労働安全に関する官民格差が大きい。公共工事、民間工事ともに、安全衛生経費が確実に計上されなければならない。命と引き替えとなるようなコスト削減は駄目だと強く訴えたい。技術を確保しながら、誇りの持てる明るい現場をつくりたいというのが、大工職人出身で国会議員になった私の希望でもある。『けがと弁当は自分持ち』といった古い価値観ではこれからは乗り切れないだろう」
 「大工も左官も建設職人は今、人手不足が深刻。『自分の子どもには継がせたくない』という声も非常に多い。そうした実態を改善し、親の仕事を継ぎたいと思う憧れの職業となるようにしたい」
 --新法がどう運用されていくべきか。
 「まずは法律に明記されたことを現場で実現していただけるよう、趣旨を徹底することに最優先で取り組まなければならない。2020年東京五輪に向けた施設の整備、リニア中央新幹線の建設、老朽化したインフラの更新などの需要に対応する能力を持った人材を確保するための環境整備が必要だ」
 --新法では、国が基本計画を策定し、それを踏まえて都道府県も計画をつくるよう努力義務を課した。
 「建設従事者の安全と健康が確保できるよう、より良い現場づくりをそれぞれの地域で進めていく必要がある。法律に基づいてそうした取り組みが実践されるよう、議連のメンバーには各地で啓蒙活動を展開してもらいたい。計画づくりは、行政の中だけでなく、業界の人たちや社会保険労務士などともしっかり協議し、実際に働く職人の声も反映させることが必要だ」
 --国会での付帯決議には、社会保険未加入対策の推進が盛り込まれた。
 「職人の多くは零細企業に属しており、社会保険加入は負担が重い。それでも、職人が憧れの職業であり続けるには、生活と安全を守る公的な手段が完備されていなければならない。社会保険加入の原資となる法定福利費を内訳明示した見積書の提出など付帯決議に盛り込まれた項目の実現にも力を入れていく」
 --法律の運用を議連としてどうフォローする。
 「事故防止や健康確保の対策が講じられ、職人の地位が向上するよう、年次報告のような形で現場の現状を毎年まとめてはどうだろうか。議連としてもそれをチェックし、不十分な面があれば、政府や都道府県などに改善を働き掛けていく活動も必要になるだろう。そうした取り組みを繰り返すことによって、職人に光が当たり、建設現場が安心して働ける職場だと認識されるようにしたい」。

(日刊建設工業新聞様より引用)