手柄食品、新設分割で株式をピックルスに譲渡

 手柄食品(三木仁蔵社長)は12月1日、新設分割で会社を設立し、漬物の製造販売に関する事業を新設分割会社に承継させ、その株式をピックルスコーポレーションに譲渡する。 新設分割会社の代表者は取締役社長大西敏彦氏。資本金は6000万円。 新設分...
(日本食糧新聞様より引用)