新千歳空港ターミナルビルディング/国際線ターミナルビル再整備3件/大林組JVらに

 新千歳空港ターミナルビルディングは9日、「新千歳空港国際線旅客ターミナルビル施設再整備工事」3工区の一般競争入札(WTO対象)の落札者を公表した。落札者はA工区が大林組・戸田建設・萩原建設工業・伊藤組土建・田中組・菱中建設特定JV、B工区が岩田地崎建設・JALファシリティーズ・阿部建設特定JV、C工区が大成建設・宮坂建設工業・山崎建設工業特定JV。3工区全体の契約金額は517億8000万円。各工区の契約金額は非公表。
 9月5日に入札を行い、10月10日に落札者を決定した。入札では標準型の総合評価方式を適用した。
 工事場所は北海道千歳市美々。A工区は旅客ターミナルビルとホテルを、B工区とC工区は旅客ターミナルビルをそれぞれ建築する。工事ではC工区の落札者が幹事会社として工事全体の施工を調整する。
 A工区の工事内容はS一部RC造地下1階地上4階建て延べ約1万6300平方メートルの増築旅客ターミナルビル部分と、8階建て延べ約2万0500平方メートルのホテル部分。
 B工区はS造3階建て延べ約7800平方メートルの増築旅客ターミナル部分。
 C工区はS一部RC造地下1階地上4階建て延べ約4万1100平方メートルの増築旅客ターミナル部分と、延べ約2万1340平方メートルの改修旅客ターミナル部分。
 工期は20年3月31日。

(日刊建設工業新聞様より引用)