???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 新社長/日本道路・久松博三氏/「スピード」「徹底」で改革推進 | はいよ Hi-Yo!

新社長/日本道路・久松博三氏/「スピード」「徹底」で改革推進

 変化の激しい時代に「現状維持はリスク」と強調する。生産性の向上や働き方改革など重要課題が山積する中、社員の意識や社内体制の改革にスピード感を持って取り組む決意だ。
 --就任の抱負を。
 「『創意、研鑽(けんさん)、協調、親和、信用、高揚』という社是は今の時代にも通用する。今は環境変化が激しく、現状維持はリスクになる。高い目標に向かうよう社員の意識を改革しつつ、『スピード』と『徹底』の二つをキーワードに経営していく」
 --注力する分野は。
 「民間工事を強化する。現状は売上高の60~65%が官庁工事で、特に地方はその比率が高い。営業部門の人材が硬直化しないよう、営業本部長だった7年前から本社と地方の人事交流を進め、地方でも民間工事への意識がかなり高まってきた。官民半々を目標に、テストコース、学校・スポーツ関連施設、流通部門の3本柱で民間受注の拡大に取り組む」
 「合材の製造・販売では、都市部の製造拠点を増強する。短期的な収益を追うのではなく、アクセス性などを含めて総合的に勘案し、長期的な視点で投資すべき場所を見極めていきたい」
 --現在の課題は。
 「コンプライアンス(法令順守)の徹底が第一だ。当社に仕事を発注したくても発注できない得意先もあり、協力業者にも我慢してもらっている。社会的な信用を取り戻し、来期中には2015年度水準まで業績を回復させたい。中長期的には労働環境の改善も課題だ。仕事が忙しくなっていく中での施工体制を含めて最重要課題として取り組んでいく」
 --労働環境改善への具体策は。
 「年間休日125日を目標にしている。工期の制約などでなかなか難しい現場もあるが、工事完了後にしっかり休日を与えるなど管理と意識改革は進んでいる。目標達成にはさらなる工夫が必要で、生産性の向上も欠かせない。そのためには、管理部門は少数精鋭にし、その分を現場にシフトしていくことも必要だ。どこに配置するのが現場にとって最良なのかということを検討しながら、20年五輪後を目標に段階的に進める」
 「ICT(情報通信技術)の導入も欠かせない。国が進めるi-Constructionに対応し、機械部門を含めた技術部門の再構築に取り組む。官庁工事で求められる部分には対応できているが、この分野で業界の先駆けとなれるようさらに力を入れる。4月に若手中心のワーキンググループを立ち上げた。民間工事を含め、どういうところでICTを活用できるかを検討していく」。(4月1日就任)
 (ひさまつ・ひろみ)76年九州大工学部水工土木学科卒、日本道路入社。10年取締役兼専務執行役員営業本部長、13年代表取締役執行役員副社長営業本部長、15年から生産技術本部長も兼務。長崎県出身、64歳。
 モットーは楽しむこと。「『過去踏襲』『現状維持』『指示待ち』は楽しくない」と社員に禁じている。

(日刊建設工業新聞様より引用)