???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 新社長/IHIインフラシステム・川上剛司氏/持続的成長めざし変革推進 | はいよ Hi-Yo!

新社長/IHIインフラシステム・川上剛司氏/持続的成長めざし変革推進

 国内では新設橋梁の減少が見込まれる厳しい経営環境の下でかじ取りを任された。組織の変革や生産性の向上による収益力の強化、主力の橋梁・水門分野で手掛ける領域の拡大を経営方針に掲げる。「目先の利益だけにとらわれず、継続的に成長できる組織作りが使命」と意気込む。
 --就任の抱負を。
 「当社はIHIと栗本鉄工所、松尾橋梁の3社が橋梁・水門などの鋼構造物事業を統合して2009年に設立された。当時とは経営環境が大きく変わり、橋梁は新設から補修・保全へとシフトしており、事業の体制や仕組みを見直す時期に来ている。その一環として、管理職層の若返りを図りながら新設と補修・保全の両分野を経験させる取り組みを実施していきたい。その取り組みが浸透していけば、社員全員の活動できるフィールドが広がる。結果として、会社として継続的な成長が期待でき、収益を上げ続けていくことも可能になるだろう。その基盤作りに努めたい」
 --事業環境は。
 「国内では現在、公共事業がある程度好調に推移しているが、2020年東京五輪以降は大きな伸びはないとみている。特に橋梁は、補修・保全などの事業は増えても新設の減少によって事業環境は厳しさを増すだろう。一方で海外は、政府が『質の高いインフラ輸出』をキーワードに、この5年で最大22兆円の資金を投入していくという話もある。これまで実績を重ねてきた海外事業の経験を生かし、事業を加速させる」
 --縮小が見込まれる国内市場への具体的な対応は。
 「橋梁の補修・保全では床版取り換えなどの大規模修繕も増えてくるだろう。グループのIHIインフラ建設、IHI建材工業と共に技術開発や営業、施工方法などを検討し、付加価値を高めていく。新設では、橋梁単体に加え下部工や道路も包括した『道』という考え方で受注活動を展開したい。そのためのM&A(企業合併・買収)も検討していく。水門分野も、管理などを含めた広い範囲で事業を手掛けていくことが必要だ」
 「橋梁、水門分野ともに、工場を中心に3次元(3D)CADを活用した生産性の向上に取り組んでいる。今後、設計から建設、維持管理まで幅広い用途で3Dデータを使用することで、作業効率が上がり、収益性も高まっていくとみている」
 --海外への対応は。
 「海外もEPC(設計・調達・建設)での事業展開が理想だ。ベトナムやミャンマー、インドなどには、これまでにもODA(政府開発援助)で進出しており、引き続き力を入れていく。欧州や米国ではM&Aを視野に入れ、事業を拡大していきたい」。(4月1日就任)
 (かわかみ・たけし)1989年徳島大大学院工学研究科建設工学専攻修了、石川島播磨重工業(現IHI)入社。2009年IHIインフラシステム技術本部プロジェクト部長、12年取締役IZMITプロジェクト部長、14年海外PJ室副室長、16年同室長。大阪府出身、53歳。入社時からの信条は「ネバーギブアップ」。趣味はゴルフ。

(日刊建設工業新聞様より引用)