???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 日建協加盟組合/17年賃金交渉、7割がベア獲得/一時金も大半が増額 | はいよ Hi-Yo!

日建協加盟組合/17年賃金交渉、7割がベア獲得/一時金も大半が増額

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協)は18日、加盟組合の17年賃金交渉結果を発表した。回答した30組合のうち、賃金のベースアップ(ベア)を獲得したのは7割に相当する26組合。平均獲得金額は前年比1・61%増の6393円(加重平均、35歳)で、最も多い組合は1万5000円(35歳)だった。一時金は4・75カ月(前年4・24カ月)、年収は5・27%増となった。初任給が増えたのは19組合だった。
 加盟35組合は、月例賃金・一時金・初任給について7月14日時点で約8割が会社側と妥結している。
 調査結果を見ると、月例賃金は回答した30組合すべてが前年実績以上を確保。定期昇給とベアを合わせた昇給額(加重平均、35歳)は3・72%増の1万4321円となった。ベアを獲得した組合が7割を超えるのは3年連続。ベアの獲得額が要求を下回った組合があったが、2組合は組合要求に先んじて会社側からベアの逆提示があり、最多のベアを獲得した組合は会社側が「長時間労働解消努力への期待」として大幅な引き上げ措置を講じた。
 一時金は、多くの組合が前年実績を上回る要求を行い、28組合が増額を確保した。1組合は一時金よりも月例賃金の改善を優先し、前年と同額の要求・妥結となった。組合からの通期ベースの一時金要求に対し、回答を季別にする会社がある一方、回答を通期に変更した会社もあった。
 初任給は10組合が引き上げを要求。引き上げられたのが7組合、据え置きが3組合となった。これとは別に会社から引き上げの提示があったのが12組合あり、増額となったのは19組合だった。この結果、金額を報告している29組合の8割に相当する23組合は日建協が定める初任給先行ラインの22万円を達成した。
 17年の賃金交渉は、多くの会社が過去最高益を見込む状況の中で行われ、「安心して働き続けられる賃金水準」などをキーワードに月例賃金、一時金とも積極的な要求が目立った。一時金を巡っては「報われ感」を求めた組合もあった。
 慎重な回答と要求以上の回答が混在する結果となったが、日建協は「会社側が処遇改善を重要課題にしている」(執行部)と受け止めている。22組合は個別賃金の必要水準を依然下回っており、今後も「担い手確保や働き方改革に向けた動きの中で、さらなる処遇改善に取り組む」(同)方針だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)