???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 日建協/学生向け出前講座開始/17年度は7大学で、魅力・仕事のやりがいアピール | はいよ Hi-Yo!

日建協/学生向け出前講座開始/17年度は7大学で、魅力・仕事のやりがいアピール

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、久保田俊平議長)は、17年度の「出前講座」を8月31日に開始した。建設産業を志望する学生に現状や魅力、やりがいなどを紹介する取り組み。初回は静岡県富士宮市の富士教育訓練センターで建築施工を実習していた4大学の2~4年生32人を対象に実施した。本年度は全国7カ所で計7大学の学生に行う。
 同センターで実習中だったのは立命館大学、東洋大学、ものつくり大学、名城大学で建築関係学科を専攻する学生。出前講座には日本建設業連合会(日建連)の永山貴一広報部長、日建協加盟組合の安藤ハザマユニオンの米澤正貴書記長も参加。日建協の橋本晃秀政策企画局次長が建設産業の魅力・役割を紹介し、永山氏は産業の実情と展望、米澤氏は現場勤務の経験を踏まえたゼネコンの魅力、施工管理業務について講演した。
 橋本氏は、生活で日常的に利用するインフラや建物の整備に加えて、自然災害の復旧・復興にも建設産業が貢献していることを説明した。建設会社が機械化やICT(情報通信技術)の利用といった生産性の向上にまい進しており、省人化や安全性の向上などにつながる技術革新によって「伸びしろはまだまだ多い」とアピールした。 
 永山氏は、企業だけでは解決が難しい問題に取り組む産業団体の役割や、担い手の確保と生産性向上を目指した日建連の取り組みを紹介した。週休2日の定着や賃金の改善など、ゼネコンの社員と生産活動に欠かせない技能労働者の処遇を改善したり、女性の活躍を促したりする活動も説明。「ほかの産業以上の職場環境にしないと若い人に入ってもらえないことを会社の幹部が自覚している。安心してわれわれの業界に飛び込んでください」と呼び掛けた。
 米澤氏は施工管理の要素として要求された品質、使いやすさ、環境に配慮しながら原価管理し、安全に工事を進めることなどを列挙。その上で協力業者との打ち合わせ、作業指示書の作成といった現場の技術者の仕事を解説した。上司や先輩だけでなく他社の所長からも技術者としての姿勢を学んだエピソードを披露し、「お客さんに喜んでもらえるものを造りたくなってくる。自分の足跡を確認できる」と仕事の面白さを語った。「汚れるのが仕事ではない」と、ネクタイの着用にこだわったり、残業を減らす取り組みが進展していたりするなど、職場の環境が変化している現状も説明。「さまざまな場所で働き、いろいろな人と会った。ゼネコンを志望した時、親に心配されたが、自分で(進路を)判断した。自分の判断を大切にしてほしい」とメッセージを送った。
 出前講座は06年度に開始し、9大学の約4200人の学生が受講した。岩永一郎日建協政策企画局長は「実情と将来への取り組みを正しく理解してもらうことが入職につながる。加盟組合、業界団体と連携して続けたい」と意欲を見せている。
 17年度に出前講座を行う大学は次の通り。
 ▽立命館大学理工学部〈土木〉(開催日10月13日)▽大阪産業大学工学部〈同〉(同23日)▽東洋大学理工学部(11月10日)▽ものつくり大学〈建築〉(18年1月17日)▽法政大学デザイン工学部〈土木〉(未定)▽北海道大学工学部〈土木〉(同)。

(日刊建設工業新聞様より引用)