???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 日建連新任首脳に聞く/副会長建築本部長・押味至一氏/建築宣言と長期ビジョンを実行 | はいよ Hi-Yo!

日建連新任首脳に聞く/副会長建築本部長・押味至一氏/建築宣言と長期ビジョンを実行

 ◇業界良くする道開けている
 日本建設業連合会(日建連)の建築分野の活動を指揮する。「各社のベクトルを合わせて頑張りたい」と語り、強い責任感と高い技術力で「次代に引き継ぐ建築・街づくり」に取り組むとうたった日建連建築宣言と「建設業の長期ビジョン」の実行に意欲を見せる。
 --建築本部長を兼ねる副会長となった。
 「働き方改革をはじめ、日建連はいろいろな取り組みに一生懸命になっている。東日本大震災など災害の復旧・復興に貢献する中で、建築宣言(2012年3月)を出し、安全・安心の建築・街づくりへの貢献、低炭素・循環型社会の構築、世界に誇れる未来の建築文化の創造という三つに向けた歩みを始めた。建設業の労働人口が減り、担い手と生産性の課題に対処する長期ビジョン(15年3月)もまとめ、挑戦する姿勢を打ち出している」
 「国土交通省の官庁営繕部との間で意見交換を行う体制も整っている。業界側との話し合いを重要だと捉えていただいている。発注者と議論できる場があるのはありがたい。業界を良くする道は開けている。会員企業と共に活動を前に進めていきたい」
 --課題と取り組みは。
 「『週休二日推進本部』を設置し、実現を強力に推進する体制を日建連として整えた。長期ビジョンでは、90万人の技能労働者の新規入職を確保する目標を掲げている。製造業と肩を並べる労働環境にしなければ、この目標は達成できないだろう。ただ、生産性を上げずに工期を延ばしてもらおうというのでは、発注者の理解は得られない。週休2日制の普及に向けては、国交省が先べんをつけてくれた。昨年7月に国交省が策定した民間工事指針によって、契約のあいまいだった部分と向き合っていく機運も高まっている。生産性向上とセットで顧客の期待に応える知恵を出していく」
 「週休2日を前提にして適正な工期を算定できるプログラムを作り、そのバージョンアップにも取り組んでいる。設備工事の工期の算定精度を高め、対象を超高層ビルにも広げたい。工期の指標があることは、受発注者双方にとってメリットが大きいと思う」
 --建築本部長への就任が決まった4月の総会後の記者会見では、協力会社と連携した担い手確保にも言及した。
 「週休2日制の導入を進めるなら、生産性を向上させながら、技能者の給与制度を変えたり、休みが増えても生活していける年収にしたりする案を考えていく必要がある。技能者の入職とともに、定着してもらうことが大事だ。日建連としてできることは何かを議論し、訴えていかなければならない。週休二日推進本部でも専門工事業と意見交換することになるだろう」
 --市場環境をどう見ている。
 「今は仕事をお断りしている状況にはなく、適正な事業量だ。2020年東京五輪に向けて工事の仕上げの時期が重なると需給ギャップが出てくる可能性もあるが、地域によっても環境は違う。これからは高齢の技能者が退職し、働き手が減っていく。今のうちに若者や女性に入職・定着してもらえるよう手を打ち、生産力を安定して保てるようにする努力が必要だ」。
 74年東京工業大工学部建築学科卒、鹿島入社、15年社長。15年日建連副会長、17年4月から現職。神奈川県出身、68歳。

(日刊建設工業新聞様より引用)