???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 日建連/工程の共同管理提案/意見交換で呼び掛け、週休2日のポイントにも | はいよ Hi-Yo!

日建連/工程の共同管理提案/意見交換で呼び掛け、週休2日のポイントにも

 日本建設業連合会(日建連)が国土交通省などの公共発注機関に、現場の工程の共同管理を求めている。工事の遅延につながる問題の早期解決に役立つのに加え、工程に余裕を持たせたり、受発注者双方の業務を効率化したりできるためだ。全国9地区で開いている17年度の意見交換会で実行を呼び掛けており、共同管理のルール化に加え、設計変更ガイドラインに明確に位置付けてもらうことを目指す。
 工程の共同管理は、受発注者それぞれの工程を突き合わせ、共に管理することで、現場の課題を円滑に解決し、工程の遅延を防ぐのが狙い。設計変更協議など双方の業務も効率化できると期待されている。「工程情報の共有を共同管理にグレードアップし、受発注者によるプロジェクトマネジメントのレベルに高度化すべきだ」。意見交換会で日建連側の進行役を担う小原好一土木本部副本部長は、各地の会合でそう訴えている。日建連は本年度の意見交換会のテーマに週休2日の実現を設定しており、実行には「工程がポイント」(小原副本部長)とも見ているためだ。
 熊谷組が施工した首都圏中央連絡自動車道関連の現場では、工程を左右するクリティカルパスを明記した工事工程表を複数の工事分まとめた「ネットワーク工程表」を受発注者が作成した。設計変更審査会などの場で、各工事の工程調整や、工事に支障が出る課題への対応を協議する体制を構築し、受発注者双方の責任の所在も明確化した。その結果、引き渡しが約4カ月遅れる状況だったが、部分的な引き渡しや検査日程の調整によって遅延を3カ月にとどめた。
 工事着手をめぐっては、国交省が準備期間を柔軟に設定する措置などを講じているが、用地の問題や関係機関の協議が未完了で当初設定した休日を作業日にせざるを得ない現場が多いのが実情。日建連の会員アンケートでは、週休2日の課題に「工程の余裕」を挙げる回答が9割近くに上る。工程を左右する「ほかの工事の有無」について必要な情報が発注時に開示されたのは約5割にとどまり、概略の工程表や積算上の工程表が発注者から開示されたのは3割未満だった。
 日建連は「『工程管理は受注者の仕事』と言われるのは承知済み」(幹部)の上で対応を発注機関に申し入れている。現場の工程を前に進める取り組みには発注機関も意欲的。北陸地方整備局は5月24日の北陸地区の会合で、受発注者が工程を調整する場を月1回以上開く「工程共有強化型」の週休2日実施支援モデル工事の実施を表明した。
 意見交換会は1日の中国地区を含めて残り4回。「工程に影響する問題を受発注者が示せば、工夫できること、協力できることは数多くある」(茅野正恭日建連公共工事委員長)、「施工当初から取り組むほど良い結果になる」(岡本正日建連インフラ再生委員長)という工程の共同管理に受発注者で道筋を付けることが期待されている。

(様より引用)