?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇 | はいよ Hi-Yo!

日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇

 日本建設業連合会(日建連)は、会員企業などの2016年度までの現状をまとめた「建設業ハンドブック2017」を作成した。受注の内容や経営状況の推移などを収録。受注額が15兆円台(会員企業97社)で推移する中、売上高営業利益率が4年連続で上昇し、会員企業が採算重視の受注戦略を徹底していることがうかがえる。民間建築工事の比率が一段と高まっていることも浮き彫りになった。
 日建連が集計・分析している指標を主体に動向を見ると、会員企業97社の受注額は3年連続して15兆円台(16年度15・2兆円)で推移している。受注額は08年秋のリーマンショック以降の景気後退で、10年度にはピーク(1990年度26・7兆円=会員企業58社)の約35%まで低下。その後、東日本大震災の復旧・復興工事や民間建設投資の回復によって増加傾向にある。
 この間、受注の内容は大きく変化した。会員企業のうち48社を対象にした調査によると、12~16年度の受注の平均割合は▽民間建築58・0%(94~98年度平均49・4%)▽民間土木7・8%(9・6%)▽官公庁建築8・6%(12・0%)▽官公庁土木20・8%(23・4%)▽海外建築2・6%(3・0%)▽海外土木2・1%(2・5%)-となった。
 投資意欲が高まり生産施設の整備や都市再開発などが相次いで事業化される中、工事が大型化していることもあって民間、特に建築工事の受注割合が大幅に上昇した。官公庁工事は、94~98年度の平均が55・8%だった地方機関からの受注割合が12~16年度には36・2%に低下。国の機関と比べると自治体などからの受注の低下が目立つ。
 会員企業の30社(16年度は28社)が対象の経営状況の調査では=グラフ参照、11年度から15年度(11・3兆円)まで増加が続いた売上高の合計額が16年度(10・8兆円)には6年ぶりの減少となった。受注は堅調ながら、大型工事の受注から売り上げ計上までの期間が延びていることが影響しているとみられる。
 営業利益の合計は4年連続で増加し、16年度は8800億円となった。この結果、12年度前後には0~1%台に低迷していた売上高営業利益率は14年度に2・4%、15年度に6・0%、16年度は8・1%へと回復した。その要因として日建連は「生産性向上の努力に加え、採算重視の受注戦略の徹底」を挙げる。採算性の低い工事の消化が一巡したとの見方もある。
 ハンドブック2017から新たに、総務省の「労働力調査」に基づく建設業就業者の高齢化の進行と、技能労働者に占める女性の比率、国土交通省直轄工事での休日取得状況(13、14年竣工分)のデータが追加収録された。
 16年は55歳以上の就業者の割合が33・9%に達し、日建連は生産力を維持するためには若い担い手の確保・育成と共に「円滑な世代交代が不可欠」と指摘している。就業者に占める女性の比率は14・9%で、技能労働者では1・8%にとどまる。女性の就業者の割合は製造業を中心に上昇傾向にあり、建設業でも担い手確保の一環として女性がさらに働きやすい職場づくりが求められている。

(日刊建設工業新聞様より引用)