日本蒸留酒酒造組合・大宮理事長「適正利潤獲得の好機」 6月、新基準施行で

 日本蒸留酒酒造組合の大宮久理事長(宝ホールディングス会長)は、6月1日から施行となる「酒類の公正な取引に関する基準」について「酒類業界にとって今年もっとも大きな課題」とした上で「価格訴求に走りがちな蒸留酒業界が適正な利潤を得るまたとない機...
(日本食糧新聞様より引用)