日本通運本牧物流センターB棟完成

 日本通運が横浜市中区で建設を進めていた「本牧物流センターB棟」がこのほど竣工した。本牧物流センターは、1968年に私有岸壁を生かした海運拠点として稼働を開始し、輸送業務などを行ってきたが、2014年2月15日の記録的な大雪で屋根が崩落して建物が全壊。建て替えることとなり、完成したのが本牧物流センターB棟だ。今後は、アクセス性の良さを生かして物流サービスの核として運用していく。設計・監理は日通不動産、施工は大成建設が担当した。

【工事概要】
■建物名称:日本通運株式会社本牧物流センターB棟
■建 設 地:横浜市中区錦町10
■発 注 者:日本通運株式会社
■設計・監理:日通不動産株式会社
■施   工:大成建設株式会社横浜支店
■敷地面積:89,101.19m2
■建築面積:19,438.90m2
■延床面積:19,312.98m2
■構造規模:S造平屋
■工   期:2015年10月1日~2016年9月30日

(様より引用)