???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 春日基礎(東京都豊島区)/東京中小企業投資育成から資金調達/信用補完で経営安定化 | はいよ Hi-Yo!

春日基礎(東京都豊島区)/東京中小企業投資育成から資金調達/信用補完で経営安定化

 専門工事会社が第三者割当増資で公的機関から資金調達する事例が出始めた。土木基礎工事の春日基礎(東京都豊島区、齋藤貢司社長)は、東京中小企業投資育成(東京都渋谷区、望月晴文社長)から1100万円を調達した。10年連続で中小企業格付けを取得するなど財務内容が良好な同社は、法律に基づく公的機関を株主とすることで高まる信用力を武器に事業を展開する方針だ。
 東京中小企業投資育成は、1963年に法律に基づき設立された政策実施機関。地方自治体や金融機関が株主になっており、中小企業への投資で自己資本の充実を促し、健全な成長を図る。投資に当たっては、経営能力、技術力、財務の健全性、成長力などに対する厳しい審査が行われる。
 春日基礎は、3カ月程度に及ぶ本審査で、十数項目の質問票に基づく定量的・定性的内容の確認や数回のヒアリングを経て投資先に選定された。最初の接触から本審査に至るまでに8年ほどを要し、「幾度もの面談や電話、メールでのやり取りを繰り返し、本審査への道が開かれた」(齋藤社長)としている。投資に当たって役員派遣など特段の関与はなかったが、未設置だった取締役会を設置することにしたという。
 同社は、良好な財務状況が認められ、格付投資情報センター(R&I)から10期連続、日本格付研究所(JCR)から8期連続で中小企業格付けを取得している。今後、上場企業に劣らない取引条件での資金調達が可能になると見込む。公的機関を株主とした信用補完によって、人材採用にも大きな効果を発揮するとみている。
 首都圏を中心に鉄道事業などで土木基礎工事を手掛ける同社は、今後も規模の拡大は追わず、質を重視した施工に取り組む方針。今回の資金調達が工事の受注に即効性があるとはみていないが、「じわじわと効いてくるのではないか」(齋藤社長)としている。
 東京中小企業投資育成が公表する投資先のうち、専門工事業の実績は10社程度とまだ少ない。今回の春日基礎のような事例は、将来にわたって健全で確実な経営に取り組む上で、同業他社の参考にもなりそうだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)