???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 東亜建設工業/技術研究開発センター拡充/施工実験水槽など導入、技術開発を加速 | はいよ Hi-Yo!

東亜建設工業/技術研究開発センター拡充/施工実験水槽など導入、技術開発を加速

 東亜建設工業は、同社発祥の地・横浜市鶴見区安善町にある技術研究開発センターの施設と設備を拡充した。新研究開発棟を建設するとともに、最新の実験設備を複数導入。目玉の一つが施工実験水槽で、大水深の無人化施工が可能な水中作業ロボットの施工状況を実大スケールで再現できる。国土交通省が進める建設現場の生産性向上策「i-Construction」への対応や、海洋資源開発など将来的な分野の技術開発を加速させる。
 新研究開発棟は、研究開発施設の再整備の一環として建設し、昨年4月に完成した。S造4階建て延べ3646平方メートルの規模で、1~4階の吹き抜けの大空間を持つ実験エリアと各階に執務空間を備える。
 施工実験水槽は幅11・4メートル、奥行き4メートル、深さ5メートルの掘り込み式の大型水槽。1階フロアの水槽上部から実験機材の操作や観察ができると同時に、地下フロアに設けられた水中観察窓からも実験状況を視認できる。水中ロボなど実験機材を操縦し、リアルタイムに動作状況を確認できるのも特徴だ。
 20分の1サイズでの実験が可能な大型造波水路も導入した。波を起こす造波装置に加え、流れを発生させる循環装置と津波段波を発生させる段波装置を装備。段波装置は、東日本大震災で発生した津波と同規模の津波を再現することができる。波、流れ、段波を連携させ、さまざまな波形による実験が可能という。
 大型実験用土槽も新設。盛り土高さ約4メートルに相当する最大80キロパスカルを載荷することができる。土槽内にさまざまな条件の地盤を再現し、セメント系固化処理技術、液状化対策技術、埋め立て処分場の地盤減容化技術などの開発に向けた実験を行う。土槽前面は透明アクリル板で、実験時に地盤の挙動を視認できる。
 このほか、実大規模の柱、スラブ、梁、柱、接合部などの載荷試験ができる大型載荷試験装置や、マイナス30度から80度までの極低温から高温環境、超多湿、極乾燥環境を再現できる過酷環境再現室を設けた。
 新研究棟は、技術を紹介するショールームとしても開放していく。16年4月から技術研究開発センター長を務める青野利夫執行役員は、「情報化施工技術グループを新設するなど、研究開発体制も強化している。生産性向上が一番のテーマだ。積極的に取り組んでいきたい」と話している。

(日刊建設工業新聞様より引用)