東京・新宿区/新宿駅周辺地域再整備へ/民間5団体と街づくり協議会設立

 東京・新宿区は、新宿駅とその周辺の再編整備を見据え、民間の街づくり5団体の代表者らと共に「新宿駅周辺地域まちづくり協議会」を結成した。都、国、鉄道事業者らと別途設置した検討委員会で策定を進めている新宿駅直近地区の整備方針などに、地域の意見を反映させていくための母体として運営する。駅を中心とした街づくりで、行政と地域の新たな連携体制がつくられた。
 協議会は24日付で設立。駅東口のエリアから▽歌舞伎町タウン・マネジメント▽新宿EAST推進協議会-の2団体、駅西口から▽西新宿をよくする会▽一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会▽西新宿一丁目商店街地区まちづくり協議会-の3団体がそれぞれ参画した。
 区と都は、新宿駅を中心とした新たな街づくりの指針「新宿の新たなまちづくり~2040年代の新宿の拠点づくり~」(6月公表)を具体化した整備方針の策定に向け、国土交通省や鉄道事業者などと「新宿の拠点再整備検討委員会」を設置。この検討委の初会合で、区が主導して立ち上げる協議会とも連携する方針が示されていた。
 検討委では現在、再整備の先行着手を想定している「駅直近地区」(新宿駅含む)とその近隣を対象にした整備方針を検討中で、8月にも開く第2回会合で整備方針のたたき台を示す。整備方針の確定までに協議会の意見をどう反映させるかは、検討委を運営しながら適宜判断していく。
 新宿駅周辺の再整備に向けた検討テーマは、▽駅施設▽駅前広場・駅周辺街路▽歩行者ネットワーク▽駐車場・駐輪場-など。検討委は空間・景観づくりも課題としており、その現状に対し、「駅西口・東口側には大規模商業施設が立地しているが、街に対し開放的になっていない」「高い容積率が指定されているが、駅直近は高さ50メートル程度の中層建物が多い」などと指摘している。
 協議会への参画団体は次の通り(カッコ内は構成員)。
 【駅東口】歌舞伎町タウン・マネジメント(商店街振興組合、町会、事業者、区など)▽新宿EAST推進協議会(商店街振興組合など)
 【駅西口】西新宿をよくする会(西新宿1~8丁目の町会、商店街振興組合など)▽一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会(小田急電鉄、京王電鉄、大成建設、都市再生機構、野村不動産、住友不動産などビルオーナーら16社、学識経験者)▽西新宿一丁目商店街地区まちづくり協議会(西新宿一丁目商店街地区の住民・権利者など)。

(日刊建設工業新聞様より引用)