???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 東京都/入札契約制度改革の運用詳細公開/発注規模・等級を業種別グループに分類 | はいよ Hi-Yo!

東京都/入札契約制度改革の運用詳細公開/発注規模・等級を業種別グループに分類

 ◇JV加点幅は従来案通り
 東京都は、6月26日から建設工事で試行する入札契約制度改革の運用の詳細(第1弾)をホームページ(HP)で公開した。4、5月に開催した事業者団体向け説明会から、運用方法が定まった部分を明確にしたほか、試行内容の一部を修正。現在調整中の第2弾では、指名停止の取扱要領などに関する詳細を明らかにする。
 設計・測量・地質調査を除いた各業種は、▽建築業種グループ▽土木業種グループA(道路舗装工事を除く)▽同グループB(道路舗装工事)▽設備業種グループ-の四つに分類。各グループごとに工事発注規模の等級別の価格帯(工事発注規模一覧表)を示す。
 落札候補者に求めている積算内訳書の提出は従来通り継続。再度入札の場合も、内訳書の提出を求める。ただし、再度入札時に出す内訳書は、1回目の入札で使った内訳書を手書きで修正したものでも構わない。
 予定価格の事前公表が事後公表に切り替わるのに伴い、指名通知から入札書の提出期限までの期間は現状より1週間程度長くし、積算期間に余裕を持たせる。より積算を行いやすくするため、図面の詳細化、積算内訳書での数量表示、工程表の公表なども行う。
 JVの結成義務は撤廃し、単体とJV双方の入札参加(混合入札)を促進。混合入札を適用するのは、▽建築工事で予定価格6億円以上▽土木工事(橋梁、河川、水道施設、下水道施設、一般土木)で同5億円以上▽設備工事(電気、給排水衛生、空調)で同2・5億円以上-とする。
 同6億円以上24・7億円未満の建築工事、同5億円以上24・7億円未満の土木工事では、2者JVの結成を認める。設備工事に参加できるJVは、同2・5億円以上9億円未満で2者JV、同9億円以上24・7億円未満で2者JVか3者JVとする。同24・7億円以上のWTO政府調達協定適用案件に関しては、どの業種も、案件ごとにJVの参加条件を別途設定する。
 総合評価方式(技術力評価型、技術実績評価型)の評価項目には、「都内中小企業との共同企業体結成の有無」を新たに追加。配点は技術力評価型で1点、技術実績評価型で0・5点とする。事業者団体からは、加点幅の引き上げも要望されていたが、都財務局の担当者は「まずはこの配点で試行を行い、課題を見極めたい」と話す。
 低入札価格調査制度の調査マニュアルも改定。今後は、▽調査対象者(JVの構成員含む)の所定期間内の工事成績評定が65点未満の場合▽下請見積書などに法定福利費の内訳が明示されていない場合▽所定期間に完了した公共工事の施工体制台帳で調査対象者、下請事業者のいずれかが社会保険に加入していないことが判明した場合(法令による加入義務適用除外の場合を除く)-には落札者として認めない。
 解体工事を除く最低制限価格と低入札価格調査の基準額の算定式は、中央公契連(中央公共工事契約制度運用連絡協議会)モデルに合わせ、直接工事費の算入率を「97%」(現行95%)に改める。低入札価格調査の基準額は、予定価格の90%が上限。解体工事の直接工事費の算入率は最低制限価格、低入札価格調査ともに「80%」とする。

(日刊建設工業新聞様より引用)