???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 東北整備局/出先事務所拡充・再編を検討/復興道路5割完成、維持管理強化へ | はいよ Hi-Yo!

東北整備局/出先事務所拡充・再編を検討/復興道路5割完成、維持管理強化へ

 東北沿岸被災地の早期復興をけん引する役割が期待される復興道路・復興支援道路(総延長550キロ)。全線開通目標の20年度を前に、東北地方整備局は、開通後に膨大な道路の維持管理を行う組織づくりの検討に乗り出した。特に岩手県内で毎年数十キロの復興道路・支援道路が開通し、管理延長が膨らむ中、出先事務所や出張所を拡充・再編し、新設から維持管理へと業務の軸足を移す。復興道路新設を専門に手掛ける組織として震災後に設置した南三陸国道事務所を、将来的に維持管理部門へと転換することも想定している。=1面参照
 復興道路・支援道路は、計画延長550キロのうち約9割の503キロが開通済みまたは開通見通しを公表済み。開通延長は14日時点で約268キロ(約49%)となっている。
 開通済みの区間が年々増加し、道路の維持管理業務の比重が高まる中、同局は今年4月、福島市の信夫山国道出張所を「東北中央道維持出張所」に変更。国道の維持管理を手掛ける組織として再スタートを切った。
 また、復興道路・支援道の岩手県内区間などを管轄する三陸国道事務所(岩手県宮古市)には下部組織として宮古、釜石、大船渡、久慈の四つの維持出張所を置いていたが、同じく今年4月、新たに「宮古西維持出張所」を新設。1事務所、5維持出張所の新体制で、維持管理の比重を高めた。
 岩手県内では本年度に三陸沿岸道路田老北インターチェンジ(IC)~岩泉龍泉洞IC(延長6・0キロ)や同山田IC~宮古南IC(14・0キロ)など合計24キロが開通する予定。さらに、18年度に合計約59キロ、19年度に同約10キロ、20年度には同約51キロの復興道路・支援道路が供用を開始することになっている。
 三陸国道事務所の業務は21年度以降、国道106号など一部の新設区間を除き、既存道路の維持管理が多くを占めることになる。
 こうしたことから、同局は三陸国道事務所そのものの維持管理部門を拡充したり、維持出張所を増設したりすることを検討。
 担当区間が19年度にすべて開通する南三陸国道事務所を、維持管理部門に組織変更することも視野に入れている。
 直轄道路の維持管理を巡っては、業務を県などに移管すれば国の負担を減らせるとの声も一部にある。ただ、道路整備財政特別措置法の規定による補助率かさ上げの措置が本年度末に期限を迎え、自治体らに道路整備・維持負担が重くのしかかる中、業務移管の議論は難航しそうだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)