東急建設/新入社員の1日をVR体験/アプリ開発、業務への理解深め入職拡大

 東急建設は、ITサービスなどを手掛けるトランスコスモスの技術支援を受け、VR(仮想現実)技術を使用したスマートフォン用アプリ「新入社員の1日VR」を開発した。新入社員が担当する建設現場での1日の業務が疑似体験できる。学生などの若者に業務と建設業への理解を深めてもらい、入職者拡大につなげる狙いがある。
 VR空間で始業から終業まで1日の流れを体験する。現場に出勤し、朝礼や打ち合わせに参加したり、測量などの業務に携わったりする。先輩社員などからのコメントや解説もあり、学生など誰もが仕事内容を簡単に理解し、現場での業務が手軽に体験できるようにした。
 アプリは市販のVR専用ゴーグルとスマホを利用する。VRゴーグルを使わなくても、360度映像で同様の内容が体験できる。既にアプリストアなどで公開しており、無料でダウンロードできる。
 東急建設はアプリ以外にも、雨水や汚水を吸い上げて放水・放流するためのポンプ所建設の工事現場がVRで体験できる「業平橋ポンプ所ケーソン工事」のアプリを開発している。社内向けの安全教育にもVR技術を活用するなど、最新技術を導入した取り組みを加速している。

(日刊建設工業新聞様より引用)