森トラスト/沖縄県恩納村のリゾートホテル取得/敷地内で開発検討

 森トラストは4日、沖縄県恩納村のリゾートホテル「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」=写真=を取得したと発表した。敷地内には既存施設に加えて広大な未利用地が残されているため、新たな開発計画の検討に着手した。
 ホテルの所在地は恩納村冨着66の1。昨年、既存ホテル(地下1階地上10階建て延べ1万9868平方メートル、200室)の大規模改修を行ったほか、隣接してホテルやチャペル、ウェルネスセンターなどで構成する新施設(6階建て延べ9374平方メートル、46室)の建設を進めており、本年度内に順次開業する予定。
 敷地面積は8万2775平方メートル(一部賃借権)。そのうち半分程度に当たり、現在は駐車場や工事事務所、テニスコートなどとして利用している場所が新たな開発計画の検討範囲となる。開発方針は決まっておらず、「蓄積してきたホテル開発ノウハウを生かして計画を推進する」としている。
 同社は、ホテルの運営会社「サンマリーナ・オペレーションズ」も取得しており、開発と運営の両面で魅力あるホテルへとバリューアップを目指す。

(日刊建設工業新聞様より引用)