横浜市/MM21地区58街区開発事業(西区)/事業予定者に鹿島ら3社グループ

 横浜市は20日、西区のみなとみらい21(MM21)地区58街区に進出する事業予定者を鹿島グループに決めたと発表した。21階建て延べ8万平方メートル規模のオフィス・商業など複合ビルを建設する計画。19年4月にも本体工事に着手し、21年7月の竣工を目指す。
 事業予定者は代表企業を鹿島、構成企業を三井住友海上火災保険と住友生命保険とするグループ。公募には5件の提案があった。計画地は西区高島1の2の50ほか。敷地面積は9307平方メートルで売却価格は87億3908万9700円。
 提案によると、施設はオフィス、商業、にぎわい施設などが入る複合施設で、地下1階地上21階建て延べ8万0480平方メートルの規模。高さ約114メートル。1階に飲食・物販店舗、2階にプラネタリウム、デジタルプラネットカフェ、保育所、3階にイノベーターズコミュニティーラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラスを配置。5~21階をオフィスにする。地下は駐車場など。
 事業計画では鹿島が設計・施工を担当し、グループ企業が土地・建物を共有する。オフィスの一部は三井住友海上火災保険が自社利用し、その他の床を賃貸する。環境配慮としてCASBEE横浜Sクラスの取得も予定している。

(日刊建設工業新聞様より引用)

横浜市/MM21地区58街区開発事業(西区)/事業予定者に鹿島ら3社グループ

 横浜市は20日、西区のみなとみらい21(MM21)地区58街区に進出する事業予定者を鹿島グループに決めたと発表した。21階建て延べ8万平方メートル規模のオフィス・商業など複合ビルを建設する計画。19年4月にも本体工事に着手し、21年7月の竣工を目指す。
 事業予定者は代表企業を鹿島、構成企業を三井住友海上火災保険と住友生命保険とするグループ。公募には5件の提案があった。計画地は西区高島1の2の50ほか。敷地面積は9307平方メートルで売却価格は87億3908万9700円。
 提案によると、施設はオフィス、商業、にぎわい施設などが入る複合施設で、地下1階地上21階建て延べ8万0480平方メートルの規模。高さ約114メートル。1階に飲食・物販店舗、2階にプラネタリウム、デジタルプラネットカフェ、保育所、3階にイノベーターズコミュニティーラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラスを配置。5~21階をオフィスにする。地下は駐車場など。
 事業計画では鹿島が設計・施工を担当し、グループ企業が土地・建物を共有する。オフィスの一部は三井住友海上火災保険が自社利用し、その他の床を賃貸する。環境配慮としてCASBEE横浜Sクラスの取得も予定している。

(日刊建設工業新聞様より引用)