?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 清水建設/インドネシアに吹き込む新しい風・上/課題を力に換えて工期短縮 | はいよ Hi-Yo!

清水建設/インドネシアに吹き込む新しい風・上/課題を力に換えて工期短縮

 インドネシアで40年以上にわたって建設事業を行っている清水建設。ここ数年、大型案件を相次いで受注し着実に実績を重ねている。現在、ジャカルタ市内で施工しているアストラ・タワー、MRTという建築、土木の大型プロジェクトでは、大幅な工期の短縮や同国では初となるシールド工法の技術移転など、同国の建設市場の可能性を広げる新たな取り組みが試みられている。両プロジェクトの取り組みを、現地で取材した。

(編集部・堀井厚志)



 ジャカルタ市最大のビジネス街・スディルマン地区で建設が進むアストラ・タワー。自動車やバイクの生産・販売を中心とした同国最大の複合企業、アストラ・インターナショナルの本社として建設される同タワーを、清水建設とインドネシア最大の民間建設会社のJVが施工している。



 この工事で指揮を執る清水建設の沖和之建設所長が、最も注力したのが工期の短縮だ。インドネシアは、旺盛な建設需要による技術者不足や、通関業務の不透明さや慢性的な交通渋滞による物流の悪さから資機材の搬入が遅れが常態化し、工期の遅れは当たり前という状況にある。アストラ社側の工事責任者であるプロジェクト・ダイレクターのシャーリー・ソーさんが「正直、最初は達成がかなり難しいチャレンジだと思った」と言うように、同国では工期短縮への意識も薄い。



 中国企業や韓国企業が低コストを武器に受注競争を優位に進める中、沖所長は「目に見える形で当社が施工することの強みを示したかった」と、着工前に18年3月末までの契約工期を半年短縮することをアストラ社に提案した。



 技術者不足に対しては、国際支店を通じてアジア各国から技術者を招集することで解消。一方で最大9カ国の技術者が一緒に働く現場では、言葉によるコミュニケーションが課題となったが、打ち合わせへの画像の多用やSNS(インターネット交流サイト)を活用した現場での連絡体制の確立などで、コミュニケーション不足を解消。コミュニケーションの問題が解消されると、専門分野のエキスパートがそろう多国籍集団は、それぞれの分野で大きな力を発揮し、作業の効率化が一層進んだ。



 物流の問題に対しては、先の工程で必要になる設備や資機材を早めに調達し、躯体資材は1階のヤードに、仕上げ資材は地下にいったん保管。必要なタイミングで各施工階に供給するダブルプラットフォームコンセプトを取り入れた資材の供給手法を採用した。資材供給の円滑化が図られると、仕上げ工事にも早期に着手可能となった。このため外装のカーテンウオールは躯体とほぼ同時に立ち上がっていった。



 アストラ・タワー周辺では、アストラ社が同タワーと一体で開発している3棟の高層ビルが並ぶが、地元企業らが施工する3棟のビルと比べると、同じく上棟の段階であるにもかかわらず、見た目の美しさの違いが一目瞭然。日本企業の技術力と施工管理能力の高さを示している。



 上棟の段階で既に目標とする6カ月の工期短縮は実現しており、今後は仕上げ工事の進ちょくへ、資機材の円滑な調達がポイントになる。



 20日に開かれた上棟式後の記者会見でシャーリーさんは「テナント募集などビルのコマーシャルに早期に取り掛かれ、発注者にとっても大きなメリットがある」と清水建設の取り組みを賞賛。インドネシアの建設市場に、工期短縮という新しい価値を与え始めている。

(様より引用)