熊本の学校再開見通せず 校舎「危険」と判定、避難所に利用 – 日本経済新聞


熊本の学校再開見通せず 校舎「危険」と判定、避難所に利用
日本経済新聞
最大震度7の激しい揺れに襲われた熊本県で、発生から2週間がたっても授業再開を見通せない学校が出ている。校舎が被災して「危険」と判定されたことや、避難所として使われていることなどが理由だ。休校の長期化に生徒からは勉強の遅れを心配する声も漏れ始めている。

and more »
(熊本 - Google News様より引用)