熊本の建物14棟、石綿むき出し 解体時に飛散の恐れ – 朝日新聞


朝日新聞

熊本の建物14棟、石綿むき出し 解体時に飛散の恐れ
朝日新聞
一連の熊本地震による被害が大きかった熊本市や熊本県益城町などにある建物のうち、14棟でアスベスト(石綿)がむき出しの状態になっていた。熊本県と熊本市が地震後の調査で確認した。県内では2万6千棟を超える建物が全半壊し、解体工事の際にアスベストが飛散する ...

and more »
(熊本 - Google News様より引用)