熊本の教訓 被害判定の迅速化を – 信濃毎日新聞


熊本の教訓 被害判定の迅速化を
信濃毎日新聞
発生から間もなく2カ月半になる熊本地震の被災地で、建物被害の判定作業が遅れている。1次調査の結果に不服で、より詳しい2次調査を求める世帯が多く、市町村の担当職員の手が回らないためだ。 判定結果が書かれた罹災(りさい)証明書は、生活再建支援金や仮設住宅 ...

(熊本 - Google News様より引用)