熊本地震のがれき、鉄路で川崎へ輸送 初の県外処理 – 朝日新聞


朝日新聞

熊本地震のがれき、鉄路で川崎へ輸送 初の県外処理
朝日新聞
川崎市処理計画課によると、阪神淡路大震災、新潟中越沖地震の際も被災地のゴミ処理を受け入れた実績があるという。 熊本県全体では通常の3~4年分にあたる195万トンの災害廃棄物の発生が見込まれ、その処理が課題となっている。川崎市は2018年6月末までに、1万 ...
熊本地震の災害廃棄物 川崎市で処理始まるNHK
災害廃棄物 川崎市、広域処理受け入れ 搬入始まるfnn-news.com

all 3 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)