熊本地震 家屋解体に最長2年 業者、仮置き場の不足懸念 – 東京新聞


東京新聞

熊本地震 家屋解体に最長2年 業者、仮置き場の不足懸念
東京新聞
熊本地震で、公費による家屋の解体、撤去の受け付けが熊本県の市町村で始まっている。主な自治体だけで既に計約三千件を受理。解体業者やがれき仮置き場の不足が懸念され、最長で完了までに二年と見込む自治体もある。作業が滞れば余震や大雨で倒壊する危険が ...

(熊本 - Google News様より引用)