熊本本震から3カ月 ライフラインに爪痕、国際線は運休 – 朝日新聞


熊本本震から3カ月 ライフラインに爪痕、国際線は運休
朝日新聞
西部ガス(福岡市)によると、熊本県内の都市ガスの契約は熊本市など2市5町の約11万戸。本震直後にほとんどの供給を止めたが、4月30日には全ての地域で供給が可能になった。ただ、現在もガスの開栓の作業は続いている。もともとあった契約のうち、14日現在で約4千戸 ...

(熊本 - Google News様より引用)