熊谷組/新マスコット「くま所長」誕生/ノベルティーに使用、幅広い世代にPR

 熊谷組に新しいマスコットキャラクターが誕生した。名前は「くま所長」で、「熊谷組なんでも研究所」の所長を務める。同社のヘルメットと法被を身に着けた愛らしい熊のキャラクターで、ノベルティーに使うほか、現場の仮囲いや展示会、工事の竣工祝賀会などの場で活用していく。
 同社は12年、UHA味覚糖とコラボレーションしたノベルティーグッズ「熊谷グミ」を制作。14年からはオリジナルキャラクター「こぐまっちょ」をグミのパッケージに使ってきた。
 こぐまっちょは、多くの顧客や現場の見学に訪れた子どもから人気を集めているという。今後も親しまれる企業であり続けるためのイメージシンボルとして、こぐまっちょを発展させたくま所長を同社のマスコットキャラクターに定めた。
 くま所長は、顧客や社員から声が掛かれば、世界中どこへでも飛んでいき、手伝いをするという設定。魔法の「くまスティック」を一振りするといろいろな姿に変身できるなど、九つのコンセプトがある。くま所長の着ぐるみも併せて制作。幅広い年齢層に愛されるキャラクターとして定着を図り、同社のイメージアップにつなげていく。

(日刊建設工業新聞様より引用)