益城 車中泊いまだ36人 熊本地震 – 読売新聞


益城 車中泊いまだ36人 熊本地震
読売新聞
熊本地震後3か月を経て、なお車中泊をしたり、自宅敷地内の納屋などで生活したりしている人が、確認できただけでも益城町に133人いることがわかった。日本財団(東京)と危機管理教育研究所(同)の調査で明らかになった。 同町では現在、約1300人が避難所で生活して ...

(熊本 - Google News様より引用)