???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 社整審・交政審小委/地下活用の安全へ計画・設計・施工で地盤リスク評価必要 | はいよ Hi-Yo!

社整審・交政審小委/地下活用の安全へ計画・設計・施工で地盤リスク評価必要

 地下空間の活用に伴う安全技術について議論している国土交通省の学識者委員会(大西有三委員長)の3回目の会合が26日、国交省で開かれ、計画・設計・施工の各段階で専門家が地盤のリスク評価を行ったり、地盤情報のデータベース化と埋設物の竣工情報の共有を関係機関で進めたりする仕組みを整える考えが事務局の国交省から提示された。7月ごろの取りまとめに向け、官民それぞれの工事でのあり方などを詰める。
 開かれたのは、社会資本整備審議会(社整審、国交相の諮問機関)と、交通政策審議会(交政審、同)合同の「地下空間の利活用に関する安全技術の確立に関する小委員会」。
 国交省は論点まとめとして、▽地下工事の安全技術の確立▽ライフラインなどの埋設工事の安全対策▽地下空間の適切な維持管理への誘導・連携▽地下空間に関わる諸課題への対応-を提示。福岡市の地下鉄工事で発生した道路陥没に関する委員会報告や、関係機関の意見を踏まえ、地盤・地下水について官民が所有する情報のデータベース化と閲覧、竣工情報を共有する仕組みの拡大、図面とのずれを修正する措置が必要だとした。
 道路・施設管理者が埋設物の情報共有や亀裂・破損対策などを検討する場の設置、過去の事故を教訓にした防止策と被害を軽減する体制の構築も提案した。開発を進める技術の候補に、地中探査、3次元地図などを挙げた。
 専門家による地盤のリスク評価については、リスク情報を計画・設計・施工にわたって着実に伝達する仕組みも必要とされた。会合で大森文彦委員は民間工事の膨大な量を考慮し、「官民分けた対応が必要」と指摘。大西委員長は共有化する情報の内容と、リスク評価の費用の扱いの整理を求めた。図面のずれの修正について、秋葉正一委員は正確な情報を把握した際の「報告の義務化が必要」と述べた。大西委員長は、国交省が進めるi-Constructionの取り組みの中で、地盤・地下情報を扱うことも要請した。
 会合では、建設コンサルタンツ協会(建コン協)、東京メトロ、物理探査学会へのヒアリングも行われた。建コン協は、地盤リスクの回避を計画・設計・施工の各段階で体系的に位置付けることや、3次元データの一層の活用を要請した。東京メトロは、トンネルの維持管理にICT(情報通信技術)を積極的に導入している取り組みを紹介した。

(日刊建設工業新聞様より引用)