???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 福岡道路陥没/土研第三者委が報告書/総合的工学判断で対策検討、基準類見直し不要 | はいよ Hi-Yo!

福岡道路陥没/土研第三者委が報告書/総合的工学判断で対策検討、基準類見直し不要

 昨年11月に福岡市のJR博多駅付近で発生した道路陥没の原因究明や再発防止策などを検討するため、国土交通省が所管の土木研究所に設置した第三者委員会が報告書をまとめた。事故発生のメカニズムや原因を推定し、工事を再開する際の留意点を整理。類似工事の再発防止策として数値解析の結果に知見・経験なども加え、総合的な工学的判断を行うなどとした。
 市の要請を受けて設置した「福岡市地下鉄七隈線延伸工事現場における道路陥没に関する検討委員会」(委員長・西村和夫首都大学東京副学長兼都市環境学部教授)は3月30日の最終会合で、これまでの議論を報告書にまとめた。
 それによると、多くの要因が複合的に作用し陥没に至ったとした上で、風化度合いなどで強度や厚さにばらつきがある難透水性風化岩層、不規則で複雑な地質に伴う高い地下水圧の二つの要因の可能性が高いと推定。設計時の地質調査の頻度などは通常の都市NATM工事と比較しても少ないとは言えないとし、事故前に正確に把握することは困難だったとした。
 厳しい自然条件下での設計変更が結果的にトンネル構造の安定性を低下させる副次的要因になったとも推定。これらを踏まえ、都市NATMの工法選定そのものが誤っていたということではなく、また直接的に都市NATMそのものの信頼性が損なわれるものではないと明記。さらにこれまでの技術的な基準類の見直しに直接つながる事項はないとした。
 再発防止策として、類似条件での都市NATMや地下空間での工事に関する留意事項を提示。多くのボーリング調査を行っても地下空間を詳しく把握するには限界があるとし、過去に周辺部で実施した地質調査を官民問わず情報収集し利活用できるようにすることを提言した。安全性に対するリスクを可能な限り把握し、それを低減するよう努める必要があると指摘。数値解析の結果に十分な知見・経験なども加え、総合的な工学的判断を行うよう求めた。
 不確定要素の多いトンネル工事は、発注者、設計者、施工者など関係者が協力して困難を乗り越えるべきだと主張。技術者は日ごろ技術力の向上に努め、工事中は関係者間で現場状況の共有と技術的議論を実施し、高度な技術的知見を設計・施工に反映させることが必要だとした。
 工事再開については、地質・地下水の状況把握など留意点を明記した。
 報告書は4月中にも市に提出される。

(日刊建設工業新聞様より引用)