竹中工務店ら/鉄筋工事BIMの機能拡充/梁貫通孔補強筋設計・施工管理機能を付加

 竹中工務店はRC造建築物の鉄筋工事で、設計から施工段階まで活用できるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトに、設備BIMソフトと連携する設備用梁貫通孔の補強筋設計・施工管理機能を追加・拡充したと発表した。補強筋メーカーのコーリョー建販(東京都文京区)との共同開発。梁貫通孔補強筋の設計・施工管理にはゼネコンと多くの協力会社らが2次元(2D)データなどで打ち合わせをしてきたが、3次元(3D)化で品質向上と時間短縮を実現した。
 竹中工務店は柱・梁接合部の鉄筋の納まりなどを3Dモデルで確認できる鉄筋工事BIMソフト「RC一貫生産支援システム」(RCS)の改良を重ね、全国で延べ90件以上の案件に適用してきた。
 今回の機能追加は、梁貫通孔補強筋設計・施工管理の品質・生産性向上と施工関係者間合意の迅速化が目的。従来、ゼネコンや鉄筋工事会社、複数の設備協力会社、補強筋メーカーらが梁貫通孔に関する複雑なルールを、設計図やコンクリート施工図、鉄筋加工図、設備施工図など複数の図面間で整合させる必要があった。
 多くの図面は手描きや2Dで各協力会社が作成するため、迅速な情報共有が難しく、設計・施工管理には多くの手間を要していた。従来のRCSと設備3Dモデル作成用BIMソフトを簡単な操作でデータ連携させる手法もなかった。
 そこで竹中工務店らはS造建築物の設備配管用スリーブ計画を反映できる設備用BIMとの連携に着目。RCSとコーリョー建販の補強筋計算プログラム、設備用BIMとがデータをやりとりできるよう改良し、RCSの機能追加に成功した。
 バージョンアップしたRCSでは、構造計算時に作成するデータと設備設計時に作成するデータを活用し、設計段階で梁貫通孔の設置の可否を3Dモデルで確認できる。梁貫通孔同士の間隔不足も事前に把握することが可能だ。
 施工段階では、工事担当者がコンクリート施工図と設備施工図を調整し、RCSで梁貫通孔補強筋の補強計算を行い、補強計算書を出力。構造設計者への確認などが容易に行える。鉄筋工事会社はRCSの新機能を活用し、梁貫通孔を考慮した加工図・加工帳を作成でき、鉄筋工事の品質検査用のチェックリストも出力できる。
 既に新型RCSを12件のプロジェクトに適用。さらに対象案件を拡大していく。
 24~26日に千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で開かれる「鉄筋EXPO2017」のコーリョー建販のブースで新型RCSをPRする。

(日刊建設工業新聞様より引用)