?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 自治体工事の予定価格、端数切り捨て減少/設計金額と同額増加/国交省・総務省調査 | はいよ Hi-Yo!

自治体工事の予定価格、端数切り捨て減少/設計金額と同額増加/国交省・総務省調査

 地方自治体の工事発注で予定価格を「設計価格と同額」とする団体が増加していることが、国土交通、総務両省の調査で分かった。16年12月時点で、全自治体の約9割に当たる1598団体(予定含む)となり、前回調査(16年2月)から70団体増えた。設計金額の端数を切り捨てて予定価格を作る「端数処理」などを行っている自治体が減少。全自治体で歩切りが廃止されることも確認した。
 両省は全国の地方自治体(1788団体)に対し、歩切りに関する調査を複数回実施している。16年2月時点の調査で、「慣例」や「財政の健全化」などを目的に、設計金額の一部を切り下げて予定価格とする歩切りを見直す予定がないとしていた3自治体すべてが見直しを表明。適正な予定価格の設定を定めた改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)に違反する行為と位置付けられた歩切りは全面廃止される見通しとなった。
 今回の調査は16年12月時点で、歩切りが全面廃止されたかどうかを追跡・確認するとともに、端数処理などの実態を把握するのを目的に実施された。予定価格を「設計価格と同額」とする自治体は予定5団体を含め1598団体(16年2月1528団体)、「端数処理等を行っている」が予定1団体を含めて190団体(252団体)となった。
 歩切りを見直す予定の5団体のうち、年度内に実施するのが4団体、見直す方向で検討中が1団体。これにより、すべての自治体で歩切りが全面廃止されることを確認した。
 公共工事品確法の運用指針では、端数処理も歩切りに該当する。ただ減額や端数の切り下げが、入札契約手続きの透明性や公正性の確保などを図るために合理的で、かつ極めて少額にとどまる場合は端数処理はやむを得ないとしている。
 調査では事務を効率化するための端数処理の使用状況も把握した。端数処理による設計金額の減額率について、国交省ではブロック監理課長等会議で「1%以上は過度な切り下げになるのではないか」(建設業課)との見解を示している。
 調査の結果、1%以上減額している自治体は約10団体あった。同省は今後も、1%未満を目安にするよう引き続き都道府県を通じて働き掛けていく考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)