芝浦工業大学/都内で創立90周年記念式典開く/世界に貢献する人材育成へ

 芝浦工業大学は1日、創立90周年記念式典・祝賀会を東京・内幸町の帝国ホテルで開いた。同大出身者と政財界や教育界からの来賓ら約1000人が出席し、節目を祝った。
 式典で五十嵐久也理事長は「芝浦工業大学は社会に学び、社会に貢献する中核技術者の育成という建学の理念を掲げ、1927年に創立された。2027年に迎える創立100周年に向け、世界に学び、世界に貢献する人材育成という目標を掲げてグローバル化の推進、豊洲第2校舎の建設などに取り組む」とあいさつ。村上雅人学長は「10万人を超す卒業生は、優れた技術者として、日本が工業立国となる一翼を担ってきた。世界の持続的発展に貢献する人材づくりに取り組む」と述べた。
 続いて行われた祝賀会では五十嵐理事長らが鏡開きを行い、同大の今後の飛躍を祈念した。

(日刊建設工業新聞様より引用)