西日本高速関西支社/新名神・川西IC~神戸JCT間が開通/高槻~神戸間が全線開通

 西日本高速道路関西支社が建設を進めてきた新名神高速道路川西インターチェンジ(IC)~神戸ジャンクション(JCT)間16・9キロが18日午後3時に開通した。昨年12月に開通済みの高槻JCT・IC~川西IC間26・2キロを合わせ、高槻~神戸間約43キロが本線着工から約9年の歳月を経て全線供用を迎えた。同日午前10時から宝塚北サービスエリア(SA)で式典が行われ、関係者多数が出席して開通を喜び合った。
 開通区間は兵庫県川西市西畦野~神戸市北区八多町。神戸JCTで中国自動車道と山陽自動車道に接続する。新名神の建設に当たっては「未来につなぐ信頼の道」を目指し、新技術などを積極的に取り入れた。
 神戸市内の生野大橋(橋長606メートル)では、JR福知山線との交差角度が約15度と非常に小さいため、両側の橋脚に主塔を設けて上部構造を支持するエクストラドーズド橋を採用。支間を長大化(最大支間長188メートル)することで鉄道への影響をなくした。新名神武庫川橋(橋長442メートル)は、バタフライウェブを採用した世界初のエクストラドーズド橋で、軽量化と高耐久化を実現した。トンネル掘削土や切り土など約400万立方メートルを埋め立てて整備した宝塚北SAは、スマートICを併設した上下線集約型施設となり、西日本最大の店舗棟面積を誇る。
 高槻~神戸間の全線開通により、渋滞の解消や周辺地域の開発促進、地域産業・観光の活性化、災害発生時のリダンダンシー(多重性)の確保などが期待されている。全国有数の渋滞箇所として知られる中国道の宝塚トンネル付近では、所要時間が約6分、朝夕時間帯は約10分短縮される見通しだ。
 開通式典には関係者ら約600人が出席。冒頭、西日本高速道路会社の石塚由成社長が「名神高速と中国道とのダブルネットワークが形成され、渋滞の減少による定時性の向上、災害時のリスク分散が可能になり、緊急輸送や復旧活動に貢献できると期待している。新名神の残る区間も安全最優先で進め、全線の開通に最大限の努力をしていきたい」と決意を述べた。
 来賓祝辞では、石井啓一国土交通相が「名古屋から神戸に至る新名神174キロのうち、112キロが開通し、約6割でダブルネットワークを形成することになった。23年度の全線開通に向け、着実に整備を進めていく」と話した。このほか井戸敏三兵庫県知事や、新名神高速道路建設促進議員連盟会長の伊吹文明衆院議員ら多数の国会議員が開通の喜びを語った。式典終了後、関係者によるテープカット・くす玉開披、通り初めなどが行われた。

(日刊建設工業新聞様より引用)

西日本高速関西支社/新名神・川西IC~神戸JCT間が開通/高槻~神戸間が全線開通

 西日本高速道路関西支社が建設を進めてきた新名神高速道路川西インターチェンジ(IC)~神戸ジャンクション(JCT)間16・9キロが18日午後3時に開通した。昨年12月に開通済みの高槻JCT・IC~川西IC間26・2キロを合わせ、高槻~神戸間約43キロが本線着工から約9年の歳月を経て全線供用を迎えた。同日午前10時から宝塚北サービスエリア(SA)で式典が行われ、関係者多数が出席して開通を喜び合った。
 開通区間は兵庫県川西市西畦野~神戸市北区八多町。神戸JCTで中国自動車道と山陽自動車道に接続する。新名神の建設に当たっては「未来につなぐ信頼の道」を目指し、新技術などを積極的に取り入れた。
 神戸市内の生野大橋(橋長606メートル)では、JR福知山線との交差角度が約15度と非常に小さいため、両側の橋脚に主塔を設けて上部構造を支持するエクストラドーズド橋を採用。支間を長大化(最大支間長188メートル)することで鉄道への影響をなくした。新名神武庫川橋(橋長442メートル)は、バタフライウェブを採用した世界初のエクストラドーズド橋で、軽量化と高耐久化を実現した。トンネル掘削土や切り土など約400万立方メートルを埋め立てて整備した宝塚北SAは、スマートICを併設した上下線集約型施設となり、西日本最大の店舗棟面積を誇る。
 高槻~神戸間の全線開通により、渋滞の解消や周辺地域の開発促進、地域産業・観光の活性化、災害発生時のリダンダンシー(多重性)の確保などが期待されている。全国有数の渋滞箇所として知られる中国道の宝塚トンネル付近では、所要時間が約6分、朝夕時間帯は約10分短縮される見通しだ。
 開通式典には関係者ら約600人が出席。冒頭、西日本高速道路会社の石塚由成社長が「名神高速と中国道とのダブルネットワークが形成され、渋滞の減少による定時性の向上、災害時のリスク分散が可能になり、緊急輸送や復旧活動に貢献できると期待している。新名神の残る区間も安全最優先で進め、全線の開通に最大限の努力をしていきたい」と決意を述べた。
 来賓祝辞では、石井啓一国土交通相が「名古屋から神戸に至る新名神174キロのうち、112キロが開通し、約6割でダブルネットワークを形成することになった。23年度の全線開通に向け、着実に整備を進めていく」と話した。このほか井戸敏三兵庫県知事や、新名神高速道路建設促進議員連盟会長の伊吹文明衆院議員ら多数の国会議員が開通の喜びを語った。式典終了後、関係者によるテープカット・くす玉開披、通り初めなどが行われた。

(日刊建設工業新聞様より引用)

Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 18199331 bytes) in /home/sites/heteml/users/m/f/a/mfac09/web/wp-includes/kses.php on line 1390