農水省と自民党、思惑が錯綜 GAP、HACCP、JAS規格など検討開始

 自民党の農林水産業骨太方針実行プロジェクトチーム(PT)は14日から、適正農業規範(GAP)、HACCP、JASなど食品安全・持続可能性に関する規格・認証・知的財産について検討を始めた。生産現場からの疑問をもとに早急な対策を求める議員らと...
(日本食糧新聞様より引用)