集合住宅向け給湯器発売

ノーリツ(兵庫県神戸市)は4月より、新たに集合住宅向けの『ハイブリッド給湯・暖房システム』を発売する。
同時期に施行される建築物省エネ法を考慮した製品。
同法では、建築物のエネルギー消費性能向上のため、大規模非住宅の省エネ基準適合義務の規制措置が発生する。

同製品は、集合住宅のベランダ設置を想定し、耐震性能向上、振れ止め金具と排水勾配確保用据え置き台を配置。
ヒートポンプに自然冷媒『R290』を搭載した。
これにより、給湯一次エネルギー消費量が約4.5割削減を達成。
低炭素認定建築物の認定にも貢献するので、税制や住宅ローン『フラット35』Sの金利も優遇される。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)