順風路ら/乗り合いバスの効率運用へ実証実験/AI活用し需要予測、千葉県柏市で

 長大グループの順風路(東京都豊島区、吉富広三社長)は、東芝デジタルソリューションズと共同で、人工知能(AI)技術を活用した乗り合いオンデマンド交通システムの実証実験を始める。東芝デジタルソリューションズが開発したディープラーニング(深層学習)技術で需要を高精度に予測し、地域の高齢者などが利用する乗り合いバスやタクシーなどの効率的な運用を実現するシステムを実用化する。
 対象地域は千葉県柏市。今後、市や民間企業と開始時期、実験期間などを調整した上で実施に移す。
 オンデマンド交通は、利用者の予約があった時にだけ運行する乗り合い交通機関。生活の足となるバス路線が廃止・縮小した地域で地方自治体が小型バスなどを運行している例が多い。
 同社は2009年、東京大学と共同でオンデマンド交通システム「コンビニクル」を開発。利用者が乗りたい時にスマートフォンで時間と場所を予約するだけで車が迎えにくるというコンビニクルの手軽さが評判となり、現在は全国42カ所で運用(毎月6万5000人が利用)されている。
 実験では高精度の需要予測を使った効率的な運行計画の立案を目指し、東芝アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」を活用し、順風路が9年間の運行実績で収集したデータと、気象情報や交通情報などの外部環境データを解析。数週間程度先までの乗降場所や時間・人数の需要を高精度に予測し、配車数の事前調整の効率化などに役立てる。

(日刊建設工業新聞様より引用)